【1級FP監修】国年年金を増やす方法、手軽な「付加保険料」

65歳になりますと国年年金(老齢基礎年金)の受給が原則始まります。しかし、インフレが進む現代、経済的に老齢基礎年金だけで将来の老後を生活することは難しいです。

今回は国民年金(老齢基礎年金)を手軽な保険料で増やすことができる「国民年金の付加保険料」を紹介します。

国民年金の付加保険料

国民年金は皆さん加入する公的年金制度ですが、厚生年金を加入している会社員・公務員に比べ、国民年金のみを加入しているフリーランスや個人事業主などの第1号被保険者(20歳以上60歳未満の厚生年金加入者とその配偶者以外)や任意加入者を対象とした国民年金を増やす仕組みです。

毎月の付加保険料 月額400円 です。
付加保険料を支払って、65歳から生涯受け取れる付加年金額の計算式

保険料(月額400円)×納付月数×0.5=年間付加年金額

例えば、20歳から60歳まで付加保険料を支払うと保険料総額192,000円になります。保険料支払い後、65歳から生涯毎年96,000円の付加年金が受け取れます。単純計算ですが、65歳から2年間で支払った保険料を上回る良い年金制度です。

学生や退職後の任意加入者も対象になる

付加保険料の加入方法は第1号被保険者が住んでいる市区町村役所管轄の年金事務所でお手続きすることができます。
20歳以上の学生も対象です。
就職するまでの2年間付加保険料9,600円を支払い、将来の年金を年間4,800円増やすことができます。

60歳で退職して、老齢基礎年金の受給資格を満たしていない方、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない方が年金額の増額を希望する際に利用する「任意加入制度」【関連記事】と一緒に付加保険料を支払うことも可能です。

年金を増やす制度を賢く使う

付加年金や任意加入制度のような年金を増やす手段は他にもあります。
安定的な受け取り金額が決まっている国民年金基金、小規模企業共済、積立金の運用先を幅広く自分で決めることができるイデコiDeCo個人型確定拠出年金があります。

それぞれ掛金額の上限や受給額、所得控除の種類、期待リターンが違います。ご自身のこれからの働き方、運用方針など考慮して、自分に合った方法で将来の年金資産を増やしていきましょう。

PrivateFpは、数多くのファイナンシャル・プランニング、金融資産運用設計の経験から、自分自身に合ったファイナンシャルプランを支援します。

税制・法律・制度の取扱いについての記述は、発信時の関係法令等に基づき記載したものです。今後、変更の場合もあります。

公式HP 日本年金機構 任意加入制度

予約サイトの口コミ・レビュー

ホーム » ライフプランニング » 【1級FP監修】国年年金を増やす方法、手軽な「付加保険料」

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
FPとお金の悩みを解決!

総合ファイナンシャル・プランニング

FP無料相談

広告

自動車保険を見直す

火災保険を見直す

節税と資産運用ならiDeCo