【1級FP監修】新NISA(少額投資非課税制度)を活用するポイント

来年から始まる新NISA(少額投資非課税制度)、今回の新NISAはつみたて枠成長投資枠の二つの枠で投資が両立して可能です。
現在のつみたてNISAを利用している方もぜひ、成長投資枠を利用して賢い投資を行いましょう。

そのために成長投資枠を有効利用するためのポイントを紹介します。

長期投資を考える

成長投資枠は、株式、債券などの金融商品を長期間保有することが前提となっています。将来の資産形成やリタイアメント(老後)資金を考えて、数年~数十年のスパンで投資を進めましょう。
株式などは短期の値動きを予想することは難しいですが、長期間で保有することでリスクを下げることが可能になります。

 リスク許容度を確認する

証券投資は価格変動が激しいため、自身のリスク許容度を把握し、予期せぬ損失に対処できるか考慮しましょう。
安全資産の預金などをしっかり確保して、余裕資金を利用して投資を行いましょう。

分散投資を行う

複数の銘柄や資産に分散投資することで、リスクを分散しましょう。値動きの違う資産を保有することで特定の銘柄や資産の価格変動リスクを軽減できます。

ロングタームビューを持つ

短期の市況変動に左右されず、企業の長期的な成長ポテンシャルを重視することや世界経済の成長を取り込むことが大切です。

企業の基本分析、専門知識の獲得

投資する企業の業績や財務状況、競争力などを詳しく調査し、健全なファンダメンタルズを持つ企業に投資することが重要です。
投資に関する基本的な知識や情報収集の方法を学び、賢明な投資判断を行いましょう。

目標を設定、ライフプランに合せた投資期間の設定

目標の金額はいくらで、どの程度のリターンを目指すのか、どの期間で目標を達成するのかを明確にし、ゴールベースアプローチの戦略的な投資を行いましょう。

積み立てる、分けて投資をする

一度に大きな金額を投資するのではなく、定期的に少額ずつ積み立てていく方法も検討してみてください。高いときにだけ、買ってしまったり、安いときに買いそびれてしまうことを避けることができます。

賢く新NISAを

以上のポイントを考慮して、新NISAの成長投資枠を有効に活用することができます。ただし、投資はリスクが伴うため、注意深く検討し、自身の状況に合った方法で進めることが大切です。

現行NISA・iDeCoもそうですが、新NISAは、より人生のライフプランに合わせて設計する必要があります。なぜなら、引き出し可能となった為、ライフプランのイベントに合わせた投資期間、リターン・リスクの設定、生涯投資可能額の管理など、効率的に管理・設計することが可能となりました。
そのことによって、管理・設計出来ている方と出来ていない方だと、運用効率、投資成績に大きな差が発生すると考えます。

PrivateFpは、数多くのファイナンシャル・プランニング、金融資産運用設計の経験から、自分自身に合った資産運用を支援します。
【生成AI 75%作成】

新NISA概要

予約サイトの口コミ・レビュー

ホーム » ライフプランニング » 【1級FP監修】新NISA(少額投資非課税制度)を活用するポイント

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
FPとお金の悩みを解決!

金融資産運用設計(NISA・iDeCo・資産運用)

FP無料相談

広告

保険を安く

iDeCoならSBI証券

同世代と年収と比べる