【AFP監修】投資信託における『積み立て投資法』のメリットとデメリットを解説

投資信託は将来のお金の増やし方を考える上で重要な手段です。
その中でも、つみたてNISA・iDeCoなどの積み立てを基本とする投資法は、定期的に少額ずつ投資を行う方法です。この記事では、投資信託における積み立て投資のメリットとデメリットについて解説します。

どのようなメリットがあるのか、一方でどのようなデメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

積み立てのメリット

a. 少額からの始めやすさ 
積み立て投資では、少額からの投資が可能です。少しずつお金を貯めていくような感覚で投資をすることができるため、初めての方でも投資に取り組みやすいです。

b. リスクの分散 
定期的に投資を行うことで、市場の値動きに左右されずに資産とリスクを分散させることができます。これにより、一度の大きなリスクを回避することも可能です。

c. 平均取得単価のメリット 
定期的に少額ずつ購入することで、購入価格が市場の変動に応じて平均化されます。
長期的には、市場の上下があっても安定した投資効果を期待することができます。

積み立てのデメリット

a. 取引手数料の負担 
積み立て投資では、毎回の取引(積み立て購入毎)に手数料がかかる場合があります。
長期の積み立てでは、手数料が投資利益に影響を及ぼすこともあるため、手数料の負担についてもしっかり考慮する必要があります。

b. 長期的な視点が必要 
積み立て投資は、長期的な資産形成を目指すため、一時的な値動きに左右されずに投資を継続することが重要です。
短期的な利益を期待する投資手法とは異なります。

c. 市場リスクの存在 
投資信託は市場の値動きによってリスクを伴うため、貯金とは違います。
価格の変動や経済状況によって投資運用額や利益が変動することがあるため、注意が必要です。

賢く資産運用

投資信託における積み立て投資法は、少額から始めやすく、リスクの分散や平均取得単価のメリットがあります。しかし、取引手数料の負担や長期的な視点の必要性、市場リスクの存在にも注意が必要です。
投資は自己責任で行うものであり、リスクや特性を理解した上で計画的に取り組むことが大切です。
将来のお金の増やし方について関心を持つ方は、専門家の助言を受けながら学び、投資の基礎を築いていくことをおすすめします。

現行NISAや来年から始まる新NISA、iDeCoを使い、賢く資産運用を行いましょう。
PrivateFpは、数多くのファイナンシャル・プランニングの経験から、3つの余裕、「お金の余裕」、「時間の余裕」、「心の余裕」を大切に資産運用・資産形成を支援します。

【FP監修】新NISAに向けて今からできる事前準備

【FP監修】え!知らないの?賢い資産運用、iDeCoの始め方!

予約サイトの口コミ・レビュー

ホーム » 金融資産運用設計(NISA・iDeCo・資産運用) » 【AFP監修】投資信託における『積み立て投資法』のメリットとデメリットを解説

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
FPとお金の悩みを解決!

金融資産運用設計(NISA・iDeCo・資産運用)

FP無料相談

広告

iDeCoならSBI

節約して投資に

同世代と年収を比べる