【AFP監修】お給料の使い方:生活費、貯蓄、投資のバランスを保つ重要性

お金の管理は個々の経済状況や目標によって異なりますが、一般的にはお給料の使い方をバランス良く分けることが重要とされています。

この記事では、毎月のお給料から生活費を6割、貯蓄を2割、投資を2割に分ける教えの根拠について説明します。なぜこの割合が提案されるのか、それぞれの割合がもたらすメリットについて詳しく見ていきましょう。

生活費6割 (60%)

生活費は日常の生活費用や必要な支出をまかなうために割り当てられる割合です。食費、住居費、通信交通費、光熱費、車両関係費、保険料などが含まれます。

生活費を60%に設定することで、基本的な生活必需品や日常の支出に対応できます。この割合は、安定した生活を維持しながら、将来への備えもするために重要です。

〇メリット
安定した生活:  十分な生活費を確保することで、日常の生活を安定させることができます。


ストレス軽減:  生活費をきちんと管理することで、突然の出費や予期せぬ負担からのストレスを軽減できます。


支出の予測性:  生活費の割合を明確にすることで、収入に対しての支出予測がしやすくなります。

cute family picture

貯蓄2割 (20%)

貯蓄は将来の不測の出費や目標達成のために必要な資金を蓄えるために割り当てられる割合です。
緊急時の予備費用、教育費、住宅ローンの頭金、退職後の生活資金などが含まれます。

貯蓄を20%に設定することで、将来のリスク(不確実性)に備え、安心感と経済的な安定を確保することができます。

〇メリット
緊急時への備え:  貯蓄をすることで、急な出費や緊急の状況に対応できるバッファ(余裕)を持つことができます。


将来の目標達成:  貯蓄は将来の目標達成のための資金を蓄える手段となります。大きな買い物や旅行、教育費などに備えることができます。


投資機会の創出:  貯蓄は将来の投資機会を生み出す基盤となります。一定の資金が蓄えられることで、投資による資産成長が可能になります。

投資2割(20%)

投資は資産の成長や収益を追求するために割り当てられる割合です。株式、債券、投資信託、不動産などさまざまな選択肢があります。

投資を20%に設定することで、資産の多様化や資産価値の成長を目指すことができます。

〇メリット
資産成長の機会:  投資により、資産価値の成長や収益を追求することができます。将来の資産形成や資金の増加につながります。


インフレ対策:  投資はインフレリスクに対する一定の保護を提供してくれます。投資による資産の増加は、将来の物価上昇に対して保有資産の守りとなります。


資産の多様化:  投資を通じて、異なる資産クラスや地域に分散投資することができます。これによりリスクを分散させ、安定した投資ポートフォリオを構築することが可能です。

自身に合った賢い家計管理

お給料の使い方を生活費6割、貯蓄2割、投資2割に分けることは、安定した生活を維持しながら将来に備えるために重要な要素です。適切なバランスを保つことで、生活の安定性と将来の目標達成に向けた試算の形成が可能となります。

それぞれの割合を適切に調整し、自身の経済状況や目標、価値観に合わせたプランを作成しましょう。また、家族構成、個人の状況や優先順位によって割合は異なる場合もありますので、自身の状況をよく考慮した上でライフプラン計画、家計戦略を立てることが重要です。

PrivateFpは、数多くの金融資産運用設計の経験から、自分自身に合ったライフプラン計画、家計改善を支援します。

予約サイトの口コミ・レビュー

ホーム » ライフプランニング » 【AFP監修】お給料の使い方:生活費、貯蓄、投資のバランスを保つ重要性

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
FPとお金の悩みを解決!

ファイナンシャル・プランニング

FP無料相談

広告

借金返済困ったら

ガスの見直し

同世代と年収を比べる