【1級FP監修】生命保険設計・見直しポイント②

wood dawn couple people

生命保険のご相談で多いのは見直し関係です。
家庭環境の変化、収入の変化、価値観の変化などで生命保険の保険金額・保険料を見直す場合になるべく損をしないポイントを一部ご紹介します。

払い終わった保険を見直す場合

保険料を保険期間終了まで、支払った保険契約(支払い済み保険)の見直しポイントでは、まず解約返戻金の金額がいくらになるかを調べます。


前納した保険契約の解約返戻金額の内訳は、保険期間の経過部分を解約返戻金、保険期間の未経過部分を未経過保険料を合算して解約返戻金に支払う仕組みになっています。

月々のコストを計算する

保険契約のコスト計算することは大事です。支払い中の保険契約、前納した保険契約でも、支払う保険料の総額から満期の時、死亡した時、解約した時の受取れる金額を差し引いて出るそのコスト(掛け捨て部分)が、保障内容と比較して納得できる金額かを確認する必要があります。


前納した保険契約でも、保険料のコスト(掛け捨て部分)が多い場合は、満期保険金、死亡保険金の金額よりも、解約した時に支払う解約返戻金の金額が大きい場合もあります。

実際に、病気死亡で受け取れる保険金額より、解約して受け取った解約返戻金額多い保険契約も多数存在します。

お客さまの本当に必要な保障額とコスト(掛け捨て部分)をよく考えて保険を見直しましょう。
生きている今を重視する考えも尊重します。

公式HP 一般社団法人 生命保険協会

予約サイトの口コミ・レビュー

ホーム » ライフプランニング » 【1級FP監修】生命保険設計・見直しポイント②

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
お金の悩みを解決!

生命保険設計・見直し

FP無料相談

広告

固定費を下げる

保険会社で保険料が違う

借り換えを検討の方