【1級FP監修】原油先物連動商品の注意点!

2020年4月20日に米原油先物価格5月物の清算値が1バレル(約158.987㍑)がマイナス37.63ドルを記録しました。アメリカのWTI原油先物、イギリスの北海ブレント原油先物、中東のドバイ原油先物は国際的な原油価格の指標です。

このニュースは、米市場が終わった日本の朝のニュースで流れてきました。コロナウイルスによる世界的な需要の低下、原油純輸出国による思惑が重なり価格の低下です。

原油価格に連動する商品は数多く日本市場に上場しており、一般の方でも証券口座を持っているだけで簡単に購入することが出来ます。このニュースの報道後、原油価格連動する商品の売買代金は数十倍に増えました。たくさんの方が購入したと思います。

しかし、現在WTI原油先物1バレル25ドル付近になっても原油価格連動する、ETF・ETNの価格の回復には至っていません。レバレッジ指数(投資する金額に対して数倍の経済的効果)の商品は長期投資に向かず、原資産がマイナスになると大きくマイナスになり、原資産が元の水準に戻っても戻っていません。

先物価格の基に計算される原指数は原油先物の中心限月継続して保有すると仮定した場合の投資効果を再現する指数のため継続的に推移することになっていますので、実際の原油先物価格との乖離は大きくなる可能性があります。

大切な資産を少し増やしたい、コロナの関係で給料減ったのでカバーしたいそんな方が購入していたら、今の現状は非常に憂鬱だと思います。相場の回復をお祈り申し上げます。

税制・法律・制度の取扱いについての記述は、発信時の関係法令等に基づき記載したものです。今後、変更の場合もあります。

ホーム » ライフプランニング » 【1級FP監修】原油先物連動商品の注意点!

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
お金の悩みを解決!

金融資産運用設計(NISA・iDeCo・資産運用)

FP無料相談

広告

お得に乗り換える

iDeCoならSBI証券

FXはじめるならDMM