人生の中では、就職や結婚、車の購入、子ども・孫の教育、住宅購入、リフォーム、老後の生活資金など、様々なイベントが発生し、その時々でお金が掛かります。
人生の3大支出「教育資金」「住宅資金」「老後資金」は特に大きな金額が必要になります。

お金の貯め方、増やし方、そして足りなくなってしまった時の借り方、その時に必要なお金を今から一緒に考えていきましょう。

お客様の目標・ゴール、必要な資金額をお聴きして、IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー楽天証券・SBI証券)として、NISA・iDeCo・資産運用のアドバイス、証券口座の開設・運用を行い資産形成をゴールベースアプローチにて支援します。

人生3大支出の金額

教育資金は、幼稚園から高等学校まで全私立の場合は1,830万円になります。

住宅資金は、フラット35利用者における住宅の新築・購入費用、土地付建物新築資金は4,256万円(住宅金融支援機構「2019年度フラット35利用者調査」より)になります。

老後資金では、夫婦2人でゆとりあると感じる生活費月額36万(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」令和元年度より)と高額になっています。

FPの目線から、金融機関から資金を借りることが難しい「老後資金」に重点を置いて取り組むことが必要になります。

参考資料

サービスご利用のお客様

・人生のイベントにどれだけお金がかかるのか、お金の貯め方など、いろいろ相談したい。

・住宅ローンや奨学金を実際どれだけ借りたらいいか聞きたい。

・株や投資信託を始めたいがどうやるのかわからない、仕組みがわからない。

・FIRE「経済的な自立と早期リタイア」を具体的にやりたい、教えてほしい。

・NISAや確定拠出年金(iDeCo、企業型DC)などの話や効果を聞きたい、始めたい。

・他のマネーセミナーに行ったが、納得のできない金融商品を勧められた。

※通常、株式や投資信託を保有して、売却して利益を受け取った場合や配当を受け取った場合は約20%の所得税、住民税がかかります。NISAは2014年1月からスタートして、非課税口座内で、毎年一定額の範囲内購入ができて、売却して利益を受け取った場合や配当を受け取った場合を非課税の取扱いができます。

サービスご利用後の声

NISAやiDeCoの大事なポイントがわかりました。(20代・東京都・オンライン相談)

・子供の医学部の教育資金を目標として、家族でお金を貯めれるようなった。(40代・訪問相談)

現在、会社でやっている確定拠出年金について理解が深まった、少し拠出額や運用先を変えたいと思った。(40代・来店相談)

ゴールベースでお金を殖やしていく方法の大切さが解りました。(30代・京都府・オンライン相談)

資産運用、FPさんのお陰で今までより楽しみが増しました。(30代・長野県・オンライン相談)

住宅ローンの選び方で利息総額や月々の返済額の違いがわかり、選ぶ際の目安になった。(20代・来店相談)

資産運用で、株や投資信託に不安なイメージがあったが、安心して始められました。(20代・香川県・オンライン相談)

資産形成を始めるのが遅いと思いましたが、生涯に渡り運用する大切さを知りました。(60代・訪問相談)

予約サイトの口コミ・レビュー

新NISAの概要チェック

オススメのiDeCo・企業型確定拠出年金の紹介・資料請求(画像をクリックください)

SBI証券のiDeCoは、お客様がご負担する運営管理手数料が加入資格、積立額、期間に関わらず、無料になります。

Q&A よくある質問

Q どんな方が相談されますか。
A これから資産形成・運用を始める方、現在の資産形成・運用にアドバイスが欲しい方、NISAやiDeCoを始める方が多いです。

Q 実際に証券口座開設や資産運用のアドバイスをもらえますか。
A 所属のFPは、金融商品仲介業者「SIアドバイザー株式会社」と業務委託を受けており、その所属金融商品取引業者「SBI証券」「楽天証券」の金融サービスをIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として提供します。

料金

面談1~3回

訪問相談、来店相談、Webex・ZOOM等オンライン相談で対応しています。オンライン相談では、設計書、提案書はEメールにてデータファイルを添付します。希望によりレターパックライトにて郵送します。

5,500円(税込み)

各種士業(税理士、弁護士、司法書士、不動産鑑定士)との連携が必要な場合は、料金を事前に報告して、安心な料金システムにします。

割引サービス

↓↓↓相談予約は「全国どこでも相談」をクリック↓↓↓

ホーム » ファイナンシャル・プランニング » 金融資産運用設計(NISA・iDeCo・資産運用)