相談者の事実・気持ち・未来に寄り添って、希望する未来、なりたい目標を設定します。そのために、相談者の「自己理解」「職業理解」「キャリア開発」「ライフキャリアプラン」の観点から包括的に支援を行い、悩み・問題・課題の解決に向けた具体的計画の立案、目標の設定、キャリアプランシート・ジョブカード作成を一緒に行います。

自己理解

自己理解とは、自分自身のあるがままを知り、受け入れて理解する行為になります。自己理解には、自分自身の含め、自身の環境も理解する必要があります。

職業の適性、知識・技能、興味・価値観、活動や周辺の環境など、まずは、「自分自身が気づくこと」が大事です。
自己理解は一度理解すれば終わりではなく、生涯に渡り変化しますので継続的に行うことが重要になります。

職業理解

厚生労働省編職業分類の構造で17,000の職業が存在します。一つの職業でも、多方面的な見方をすると、仕事の責任や役割、必要な能力なども様々です。

職業の理解、産業の理解、事業所の理解、経済的な理解など、幅広い分野で職業を理解する必要があります。

キャリア開発

人生100年時代の中で、DXにより変化する労働環境、従来のメンバーシップ型雇用からジョブ型雇用の変化に伴って労働者のエンプロイアビリティ(労働移動を可能する能力、企業に継続的に雇用されることを可能する能力)の向上などキャリア開発が重要になります。
労働者の自律的・主体的なキャリア形成の推進、全員参加型社会の実現に向けた職業能力開発の推進など労働厚生労働省が策定した「11次職業能力開発基本計画」にもポイントとして記載されています。

ライフキャリアプラン

人には、様々な役割があって、これまでの人生の役割やこれからの人生の役割を考えなければなりません。
成長の段階では、こども、学生、社会人、夫婦、親、地域の住民、祖父母のなどの役割を検討して、「ライフプラン」の中で、「自己理解」「職業理解」行い「キャリア開発」を自身の成長に繋げて、より良い「ライフキャリアプラン」を持続的に行うことが重要になります。

サービスご利用のお客様

・今の職場・会社が面白くない、モヤモヤとした気持ちがある。

・自身の将来のキャリアを相談したい。

・定年を間近にして、今後のキャリアを相談したい。

サービスご利用後の声

自身の将来に自信が持てるようになりました、前向きに行動してみます。(30代・来店相談)

何が好きで、何が得意かわかることができました。自分に合った仕事を探してみます。(30代・来店相談)

自分の意外な興味の分野を発見でき、仕事探しの参考になりました。(40代・来店相談)

定年をして、将来のどうしようか考えていたら、雇用保険の教育訓練給付金を使い、好きな分野で勉強する気持ちになった。(60代・来店相談)

予約サイトの口コミ・レビュー

Q&A よくある質問

Q なぜ、FP法人でキャリアコンサルティングなんですか。
A 人生において、仕事とは大事な自己表現の場所であり、働くことは、生きていく為の収入を獲得する必要な行動と考え、相談者が人生や仕事に自分らしく歩んでいけるように支援しています。

料金

面談1~2回

※ 訪問相談、来店相談、Webex・ZOOM等オンライン相談で対応しています。キャリアプランシート・ジョブカードはEメールにてデータファイルを添付します。希望によりレターパックライトにて郵送します。

11,000円(税込み)

面談時間1~1.5時間

割引サービス

↓↓↓相談予約は「全国どこでも相談」をクリック↓↓↓

ホーム » キャリアコンサルティング » キャリアコンサルティング

キャリア関連サイト