【1級FP監修】下がった!令和4年度 国民年金額改定

いよいよ、年度が変わる4月に近づいてきました。今回の令和4年度4月分(6月15日支払い)の国民年金はいくらになるでしょうか。
令和3年度は年間780,900円でしたが、、、令和4年度は満額支給では、年間777,800円となっていますので、マイナス0.4%になりました。1か月の支給額は、64,816円で-259円になります。
材料高、資源高でお菓子のうまい棒の値段が上がり、物の価格が上がっても年金は下がる環境になっています。

マクロ経済スライド

現在の年金制度は、高齢化により公的年金支給総額が増える一方、少子化により保険料を負担する世代が減少する状況で、単に物価・賃金に連動の年金増減システムだと、現役世代の負担を増やす要因になります。そのために、「マクロ経済スライド」とは、本来の物価、賃金水準から現役の被保険者の変動率×平均余命の伸び率で算出した「スライド調整率」をマイナスすることで年金の給付水準を緩やかに調整して、現在世代の負担を抑える仕組みになっています。また、スライド調整率をマイナスできなかった場合(マクロ経済スライドを使うとマイナスになる場合や物価、賃金水準がそもそもマイナス)などの年金額に反映できなかった分は、翌年度に持ち越す「キャリーオーバー」にして、マイナスできる仕組みになっています。現在は、去年からの繰り越しが増えて、本当にうれしくないキャリーオーバー状態になっています。

今回は、名目手取り賃金率がマイナス0.4%となり、マイナス改定となりますので、調整しなかったマクロ経済スライドのマイナス0.3%が持ち越しとなります。将来の年金では、充分に生活できない時代が来ています。皆さまが老後のことをしっかり考え、行動することを切に願います。

令和4年6月に年金払込通知と一体になって、年金改定通知も届きますが4月以降も日本年金機構HPでも確認できます。

税制・法律・制度の取扱いについての記述は、発信時の関係法令等に基づき記載したものです。今後、変更の場合もあります。

日本年金機構ホームページ

ホーム » ライフプランニング » 【1級FP監修】下がった!令和4年度 国民年金額改定

満足度90%以上初心者向けオンラインセミナー
金融リテラシーを身に付けよう♪

約30分無料オンラインFP相談
お金の悩みを解決!

総合ファイナンシャル・プランニング

FP無料相談

広告

通信費を比較する

固定費を下げるなら

固定費を下げるなら